【IT】テレワークの本格普及で何が変わるのか?―11月はテレワーク月間(2016-11-01)

 今月から「テレワーク月間」がスタートした。総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、学識者、民間事業者などで構成するテレワーク推進フォーラム主催で、国民にテレワークの推進を広く呼び掛けるのが狙いのようだ。「テレワーク」と聞くと、2005年に総務省が最初に行ったテレワーク実証実験に筆者も取材を通じて関わったことを思い出す。10年前と現在を比べて大きく変わったのは、日本中どこでも高速インターネット網に接続できること、スマホなどのモバイル端末の普及、クラウド環境の整備など、テクノロジーが大きく進化したことだろう。問題は労働環境や企業や役所の意識がどこまで変われるか―。当時、総務省からの依頼でテレワークについて筆者が書いた原稿が残っている。「テレワークによって『組織』の壁を乗り越えて『兼業』も可能になる」―そう10年前に筆者が予見したような自由な働き方改革は実現するのだろうか。

続きを読む

【IT】カード不正利用され考えたこと(2014-10-30:フジサンケイビジネスアイ1面掲載)

 とうとうネット犯罪の被害を体験してしまった。発端は10月5日の日曜日に留守電に入っていたクレジットカード会社からの電話。「確認したいことがありますので、また電話します」との伝言に不吉な予感がよぎり、筆者から電話を掛け直した。

 「昨日、ゲームソフトを購入しましたか」と聞かれたので「いや、全く身に覚えがない」と言うと、すぐに事務的な説明が始まった。

続きを読む

【IT】外国人住民に住基カード保持の推進を(2013-11-21:フジサンケイビジネスアイ1面掲載)

 「日本の経済社会の風景を変える」国家戦略特区法案が今月5日に閣議決定され、国会審議が始まった。法案成立後、来年早々に全国で数か所の特区が指定される見通しだ。特区内は世界で一番ビジネスがしやすい環境を整え、ニューヨークやロンドンのような国際都市をめざすという。

続きを読む

【IT】アップルとマイクロソフトのGUI著作権訴訟の歴史的意味―スティーブ・ジョブズ氏の死去で思い出したこと(2011-10-17)

 米アップルコンピューター社のスティーブ・ジョブズ氏が10月5日に死去して世界中が大騒ぎだった。1980年代後半にコンピューター担当記者だった自分にとって、彼は超有名人ではあったが、すでにアップルの経営からは外れていて接点がなかった。アップルで思い出すのは「米ゼロックス社が、アップルに対してコンピューターのグラフィッカルユーザーインターフェース(GUI)の著作権を主張する準備を進めている」という記事を1990年に書いたことだ。記事が掲載されると、アップルとGUIの著作権訴訟を展開していたマイクロソフトから電話があり、「事実とすれば世界的なスクープだ!」と興奮した様子だった。1年後に同じ内容の記事を日経産業新聞が一面トップで掲載。その後、パソコン市場はマイクロソフトのWINDOWSが席巻し、経営危機に陥ったアップル再建のためにジョブズ氏が1997年に復帰することになる。現在も、アップルと韓国サムスンで特許紛争が続いているが、今度はどのような結末となるのだろうか?

続きを読む

【IT】ITを使ってカネを稼げる情報はつくれるのか?―動き出した情報大航海プロジェクト(2008-10-10)

s-IMG_2297.jpg 情報大航海プロジェクトを覚えているだろうか―。2年前にマスコミでも”グーグル対抗”として大きく取り上げられたIT国家プロジェクトだ。2007年度に事業が開始されて1年半が経過し、9月30日から開催された展示会「SEATEC2008」=写真=で大々的にその成果が展示された。大量の情報の海の中から必要な情報を取り出して新しいビジネスにしよう!との狙いは判るのだが、情報そのものを商売にするのはそう簡単なことでない。役所や企業が隠しているリスク情報を引っ張り出せるようなサービスが実現するのなら利用するのだが…。

続きを読む

【IT】ソニーの土井利忠氏をNECの水野幸男氏に引き合わせた日のこと―UNIXワークステーション『NEWS』の結末(2008-06-8)

 今月4日に設立20周年を迎え、ソニー本社で記念シンポジウムが開催された「ソニーコンピューターサイエンス研究所」を設立したのは、ロボット犬「AIBO」の開発者として有名な土井利忠氏である。06年5月にソニーを退職して7月には生前葬を執り行っているので、いまは天外司朗氏と名乗っているようだ。私が最後に土井さんに会ったのは、92年にNECとソニーがUNIXワークステーションで業務提携した時のこと。手元にはソニーのUNIXワークステーション「NEWS」の足跡を独自にまとめたレポートSONY『NEWS』の戦略」(1989年3月20日執筆)が残っている。土井さん自身もあまり語っていないNEWSの歴史を目撃者として記録しておく。 続きを読む

【IT】JR東日本、スイカイオカードのサービスを予告なしに3月末で打ち切り―電子マネーの使途をどう証明するのか?(2008-04-11)

s-img017.jpg JR東日本は、電子式プリペイドカード「スイカイオカード」(旧型カード)の使用を、利用者への予告なしに3月末で打ち切っていた。スイカイオカードの利用者である私自身が体験した。JR東日本では電子マネー機能付きの新型カードに無償で切り替えているので問題ないという立場だが、電車運賃だけに利用できるスイカイオカードのチャージ領収書を取材交通費の経理処理に利用するため、わざと電子マネー機能を外してきたのに、余計なお世話である。確かにSuicaはJR東日本という民間企業が提供しているものだが、いまや社会システムとして定着したサービスだ。領収書の取り扱いも考慮できない企業に、電子マネーのような重要な社会システムの構築を任せて大丈夫なのか?
――コラム「電子マネーとは何ぞや?」で電子決済と領収書について考察していますので、お読みください。 続きを読む

【IT】雲を掴め/富士通・IBM秘密交渉を読んで―歴史的な意味をどう考えれば良いのか?(2008-03-20)

s-IMG_1885.jpg 伊集院丈氏こと、鳴戸道郎・富士通元副会長が昨年11月に出版した「雲を掴め/富士通・IBM秘密交渉」(日本経済新聞出版社)を読んだ。最後に伊集院さんにお会いしたのは2002年だったと記憶しているが、いずれ自ら本を執筆するのではないか?との予感はあった。私自身も取材に奔走した歴史的な事件について当事者から語られたことに感慨深いものを感じる。その後、両社の交渉が最終決着したのが1988年11月で、今年はちょうど20年目の節目だ。日本のIT産業が置かれている現状を考えるとき、この歴史的な事件をどのように位置づければよいのだろうか?

写真:本の上にある黒い円筒形に物体は、伊集院さんにいただいた富士通製汎用コンピューター用の半導体チップ

続きを読む

【IT】NEC社長の故・関本忠弘氏から広告出稿停止の圧力がかかった日のこと―記事「98帝国が崩壊する日」後日談(2007-12-02)

 NEC社長を1980年から14年間務めた関本忠弘氏が11月11日に死去した。私も関本氏には何度か取材していろいろな思い出がある。とくに90年10月に日本工業新聞(現・フジサンケイビジネスアイ)に掲載した記事「98帝国が崩壊する日」では関本さんから猛烈な抗議を受け、広告出稿を全面停止するという圧力までかけられた(最後は何とか回避されたが…)。死去された方のことをどこまで書いて良いものかはいつも迷うところだが、この期を逃せば書き残す機会を逸してしまうだろう。事実関係を記録しておく。

 

続きを読む

【IT】グローバル企業がめざすウェブ戦略とは?―日本IBMのウェブサイトがグッドデザイン賞2007を受賞(2007-10-06)

s-071008IBMJapanWebSite.jpg  私がコンテンツ制作などで協力している日本IBMのウェブサイトが10月1日に発表になった「グッドデザイン賞」を受賞した。私の顔写真も同サイトにしばしば掲載されているので、気付かれていた方もいたかもしれないが、企業がウェブサイトを「メディア」としてどう活用しようとしているのかを体験させてもらっている。グローバルな視点から経済・社会にどのようなイノベーションが起こるのかを予測し、世界のThought Leadershipを引っ張っていこうとするIBMの取り組みは、日本企業が世界で戦っていくうえでも必要なことかもしれない。
  
続きを読む

【IT】3次元キャラクターでヒューマンインターフェース革命をめざすエイチアイの川端一生社長(2007-09-28)

s-IMG_1463.jpg 人間、年を取るほど機械のボタン操作が億劫になるものだ。急速に少子高齢化が進むなかで、効率化のためのITツールをどうしたら高齢者にも使ってもらえるようになるのか?と思い悩んでいたら、3次元キャラクターを携帯電話の画面上で動かす3Dグラフィックエンジン「マスコット・カプセル」を開発したエイチアイ(HI)の川端一生社長をインタビューする機会があった。3次元キャラクターを使って人間と機械とのインターフェースに革命をもたらそうと情熱を燃やしている。

―記事は、フジサンケイビジネスアイとアントレプレナーが提供する起業家応援サイト「アントレステージ」でお読みください。→MKSアーカイブとして未来計画新聞内に「記事」を再録しました。(2009-12-05)

続きを読む

【IT】3次元キャラクターでヒューマンインターフェース革命をめざす―エイチアイ・川端一生社長(下)(2007-09-18)

――上場まで19年。最近で10年以内の短期間で上場するIT企業も多いですね。
川端 エイチアイ(HI)が設立した当時は、上場など全くリアリティがなかった。最初から意識していたら、上場に向けて組織体制も整えて、キレイな形で仕上げることもできただろうが、最初に野村證券さんに声をかけてもらったのが1996年。まず「経営企画室とは何か?」から始めなければならない状況だった。社歴が長いと暗黙知で経営が回っている部分も多くなる。社内手続きを明文化したり、開発工程をマニュアル化したりする必要性は判っていても、なかなか体が反応しない。そのうち社内から「上場しなくてもやっていけるのでは…」との声が上がったりして大変だった。 続きを読む

【IT】3次元キャラクターでヒューマンインターフェース革命をめざす―エイチアイ・川端一生社長(中)(2007-09-18)

 エイチアイ(HI)にとって最初の独自製品となる3Dエンジン「マスコットエンジン」の開発をスタートした1994年は、ゲーム業界にとってまさにエポックメーキングな年だった。次世代ゲーム機と呼ばれたソニー・プレイステーション、セガサターンがその年のクリスマス商戦前に相次いで発売され、ゲームソフトはいよいよ3D時代に突入した。

 マスコットエンジンは、95年からゲームソフトへの採用が決まり始め、それに伴ってHIではゲームソフトの受託開発の仕事が急増。既存の受託開発事業に加えて、ゲームソフトの開発にも積極的に取り組んだ。

続きを読む

【IT】3次元キャラクターでヒューマンインターフェース革命をめざす―エイチアイ・川端一生社長(上)(2007-09-18)

 ソフト開発会社のエイチアイ(HI)が、創業19年目となる今年(2007年)4月にジャスダック市場に上場を果たした。ソフトの受託開発から出発したHIが大きく飛躍するきっかけとなったのが、3D(三次元)画像のゲームキャラクターを携帯電話でも動かせるようにした3Dグラフィックエンジン「マスコット・カプセル」の開発だ。相手が機械でも画面にキャラクターが登場すると、人は親近感を感じるもの。複雑化する携帯やデジタルテレビなどの操作も、キャラクターを使って飛躍的に向上できないか?技術開発型企業にHIを育てた社長の川端一生は、人間と機械とのインターフェースに革命をもたらそうと情熱を燃やしている。 続きを読む

【IT】シグマ計画にみる国家IT戦略失敗の歴史―公共工事CALS/EC不要論の背景(2007-08-06)

 「公共工事CALS/EC不要論」を今年1月にブログに掲載したら「不要論を書いた背景を話してほしい」との依頼があって講演する機会があった。「CALS/ECも、このままでは80年代に大失敗に終わったIT国家プロジェクト”シグマ計画”の二の舞になってしまうのではないか?」と話をした。IT業界では有名なシグマ計画も、建設など他の分野ではほとんど知られておらず、その失敗が学ばれていないことが判った。社会保険庁の消えた年金記録問題も役所でIT化を推進する過程で発生した問題である。なぜ役所主導のITプロジェクトは失敗を繰り返すのだろうか?

続きを読む

【IT】電子メールを初めて送った相手は富士通社長の関澤義さん―1990年に起きた日本初のコンピュータウイルス事件(2007-05-08)

nihongoword インターネットサービスプロバイダーのニフティから入会17周年の「ありがとうメール」が5月2日に届いた。顧客リストから自動的にメールを送信する仕組みができているのだろうが、受け取るたびに電子メールを使い始めた当時の忘れられない出来事を思い起こさせる。ちょうど17年前のゴールデンウィークの最中に、日本で初めてコンピューターウイルスに関する事件が新聞で大きく報じられた。その取材をしようと、初めての電子メールを富士通社長だった関澤義さんに送信した。
 写真:私が初めて電子メールを送信した日本語ワープロ「文豪ミニ7HG」(NEC製)続きを読む

【IT】IT記者会、産業比較「情報サービス・ソフトウェアvs建設」の小冊子を頒売(2007-03-15)

ITkisyakai 有限中間責任法人IT記者会(代表・佃均氏)が発行するIT記者会レポートに昨年10月から掲載していた論評「産業比較・情報サービス/ソフトウェアvs建設」(筆者・千葉利宏)が小冊子にまとまり、頒売されることになりました。
 A4版42頁で、1部2100円(送料込み)。表紙は、佃代表が撮影した写真「駒ヶ嶺から望む富士山〜あの峰を目指せ〜」を使っています。
 佃代表のご好意で、小冊子として頒売していただけることになったのは、誰もがあまり論評しそうもない(論評してもカネにならない?)産業構造に関する考察を、今後とも継続していけ!との激励と受け止めて取材していきたいと思います。ぜひ、お読みいただいて、ご意見等をお寄せください。
 申し込みは、FAX:03-3519-6031またはe-mail:y-gaya@itkisyakai.jpまでお願いいたします。

【IT】産業比較:情報サービス・ソフトウェアvs建設(2006-12-02)

 有限中間責任法人IT記者会の機関紙「IT記者会Report」(2006-11-15号)にレポート「産業比較:情報サービス・ソフトウェアvs建設」の第1回が掲載されました。IT記者会の佃代表幹事の依頼で、IT業界向けに、類似性が高いと言われる建設業の産業構造について執筆したものです。続きは次号以降に掲載される予定ですが、ご参考までにレポートの目次を紹介します。
【目次】
(はじめに)
第1章 情報サービス・ソフトウェアと建設―その共通性に関する仮説
第2章 建設業の産業構造の変遷
      <建設請負業の成り立ち>
      <建設業法の制定>
      <重層下請け構造の変遷>
      <建設業の産業構造と政府の存在>
第3章 『生産システム』の視点から見た産業構造のあり方
      <自動車産業における下請け構造=系列化>
      <系列が希薄な建設業の下請け構造>
      <情報サービス・ソフトウェア産業の「生産システム」とは?>
第4章 「カネ」の流れからみた「生産システム」と「サービスモデル」
      <カネの流れから見た生産システム>
      <「カネ」の流れから見たサービスモデル>
(おわりに)

 同レポートは、IT記者会のホームページ(http://www.itkisyakai.jp/)で読むことができます。ぜひ、お読みください。

【取材日誌】SEATEC2006で見た日本のIT戦略(2006-10-07)

seatec2006 IT・エレクトロニクスの総合展示会「SEATEC JAPAN2006」が、今年も千葉市・幕張メッセで10月3―7日に開催された。メディアなどでスポットが当たるのは、大型液晶&プラズマテレビや新型携帯電話、ロボットなどだが、ユビキタス社会の実現に向けて取り組まれている「ITプロジェクト」展示に注目しながら、会場を回ってみた。

続きを読む

【IT】挫折から学んだ人生哲学を実現した「Q&Aサイト」ナンバーワン企業(2006-07-21)

OKWaveKanemoto 2年間のホームレス生活を経て起業した会社が06年6月に名証セントレックスに上場―そんな成功物語でマスコミから注目される兼元謙任・オウケイウェイヴ社長にインタビューしました。
 何かと、楽して金儲けする話や、既得権益を守る話ばかりが多い昨今、久々に「志(こころざし)」ある話でした。

―記事は、フジサンケイビジネスアイとアントレプレナーが提供する起業家応援サイト「アントレステージ」でお読みください。→MKSアーカイブとして未来計画新聞内に「記事」を再録しましたのでご覧ください。(2009-12-05)

【IT】挫折から学んだ人生哲学を実現した「FAQサイト」ナンバーワン企業―オウケイウェイブ・兼元謙任社長(下)(2006-07-07)

 ――兼元社長はデザイナーだったわけですが、最初から起業を考えていたのですか?
 兼元 デザインに対しては野望はあったが、会社を作りたいと考えたことはなかった。まずは「やりたいこと」が先で、起業はそれを実現する過程でしかない。やりたいことが貿易なら、起業するより既存の貿易会社に入ってトップを取る方がやりたいことを実現できるはず。自分の場合は、やりたいことをどの企業でもやってくれなかったので、自分でやるしかなかった続きを読む

【IT】挫折から学んだ人生哲学を実現した「FAQサイト」ナンバーワン企業―オウケイウェイブ・兼元謙任社長(中)(2006-07-07)

 インターネット上で、利用者が互いにQ&Aをやり取りする―FAQサイトのアイデアをつかんだ兼元社長は、インターネットの勉強を本格的にスタートした。

 まずは、インターネットの掲示板に質問を書き込んで、いろいろと教えてもらおうとしたのだが、なぜか「マナーがなっていない」と相手を怒らせてしまう。最後には「掲示板から出て行け!」と追い出される始末。そんな経験を積みながら、Q&Aによるコミュニケーションサイトのイメージを具体化。企画書をまとめて、さまざまな企業に売り込もうと歩き回った。

続きを読む

【IT】挫折から学んだ人生哲学を実現した「FAQサイト」ナンバーワン企業―オウケイウェイブ・兼元謙任社長(上)(2006-07-07)

 いまや判らないことがあれば、何でもインターネットで調べる時代。「オウケイウェイブ」は、インターネットの特性を最大限に生かしたFAQサイト「OKWave」を2000年1月から運営している。ユーザー同士が「質問」と「回答」というシンプルな形で情報交換ができるサイトの利用者数は、月間500万人以上。2006年6月には、会社設立7年で名証セントレックス市場に上場を果たした。
 FAQサイトは、どのようにして誕生したのか。その原点には、社長の兼元謙任氏が30歳になって経験した2年間のホームレス生活を通じて学んだ人生哲学があった。 続きを読む

【IT】ソニー最高顧問出井伸之氏インタビュー:e-Japan戦略の舞台裏を語る「IPv6に向けたインフラ整備を」(2006-01-09=BCN掲載)

idei e-Japan戦略に計画立案から携わり、5年間に渡って日本のIT化を引っ張ってきた。世界から大きく出遅れていたITインフラ整備を推進し、わずか5年で世界最高水準のインターネット環境を実現した功績は大きい。昨年5月にIT戦略本部本部員を退任しe-Japan戦略が区切りを迎えるのを機に、これまであまり語っていないe-Japan戦略のエピソードを含めて、この5年間を振り返るとともに、今後のIT戦略の課題と展望を語ってもらった。
BCNでは紙面の都合上、割愛したインタビュー部分(青字)も掲載しました。プロフィールは記事掲載当時のものです。

続きを読む

【IT】日本のITの歴史―SONY『NEWS』の戦略(6)(1989-03-20)

2・3ソニーの販売戦略

 社内ベンチャーとして86年5月に誕生したスーパーマイクロ事業部(現事業本部)は、社長直轄のチームとして活動を開始したが、土井氏は当初から「ソニーの資産には基本的に頼らない」との方針を打ち出した。もちろん生産設備や、人材などはソニー内部から調達したわけだが、その調達も全くゼロから事業部がお膳立てし、製品を販売するにあたってソニーの持っている代理店や営業部隊などの販売網を使わず、独自に販売網を構築したという具合だ。

続きを読む

【IT】日本のITの歴史―SONY『NEWS』の戦略(5)(1989-03-20)

2・2ソニーのマーケティング戦略(続き)

【AXパソコン】

 オフィス処理の革新を達成するためにどうしても必要なツールがパソコンだ。エンジニアリング分野ではNEWSの100万円を切る価格で十分一人一台の環境を実現することは可能だが、オフィス分野ではまだ高い。オフィスにおける一人一台の端末としてはパソコン、ワープロで十分であり、問題はどのようなパソコンを製品化するかに絞られていた。

続きを読む

【IT】日本のITの歴史―SONY『NEWS』の戦略(4)(1989-03-20)

2・2ソニーのマーケティング戦略(続き)

【デスク・トップ・パブリッシング(DTP)】

 そこで問題となるのは、NEWSに何を乗せるかであったが、ソニーはちょうど米国で市場が立ち上がりつつあったDTPにターゲットを絞った。DTPは、米国ではパソコンクラスのマシンを使っても実現されていたが、漢字という複雑な文字を扱わなければならない日本語DTPではパソコンだと能力不足で、かといってオフコン、ミニコンクラスを使うとなるとコストが高くなってしまう。

続きを読む

【IT】日本のITの歴史―SONY『NEWS』の戦略(3)(1989-03-20)

2・2ソニーのマーケティング戦略

 ソニーがNEWSを製品化してまず狙ったターゲットが、CASE(Computer Aided Software Engineering)である。ソフトウェアの開発では徐々にWSにツールを使った環境が導入され始めていたが、まだまだWSが高すぎたために本格的に利用するまでには至っておらず、ツール類も十分に整備されていなかった。そのため、85年からシグマ計画がスタートしていたわけで、国産メーカーはいつものことながら通産省の言うことを鵜呑みしてわが国のCASE市場がシグマ計画の沿って動いていくものとみていた。

続きを読む

【IT】日本のITの歴史―SONY『NEWS』の戦略(2)(1989-03-20)

2.ソニーのコンピューター事業戦略

 ソニーのエンジニアリングワークステーション(EWS)「NEWS」が100万円台というセンセーショナルな価格設定で登場したのは、1986年9月であった。その直後に開催されたデータショウ86に大々的にNEWSが出展され、大きな話題を集めた。

続きを読む

【IT】日本のITの歴史―SONY『NEWS』の戦略(1)(1989-03-20)

 ソニーのコンピューター事業と言えば、ゲーム機の「プレイステーション」やパソコンの「VAIO」を思い浮かべるかもしれないが、かつてUNIXワークステーション「NEWS」をヒットさせた輝かしい歴史があった。下記のレポートは、コンピューター担当記者時代にまとめたものである。当時は外部公表する予定はなく面白半分に書き始めたので、かなり不適切な表現もあるが、当時の感覚を尊重して、そのまま掲載することにする。原稿用紙で50枚はある長文なので、何か時間があるときにでもお読みいただければ幸いである。 続きを読む