【建設】西尾市が進める新しいPFI―市民の声を踏まえたサービス水準を提示、地元企業の応募を促す(2015-03-19:日経BP新・公民連携最前線PPPまちづくり)

 「サービスプロバイダ方式」のPFIという新しい手法で公共施設の再配置に取り組む愛知県西尾市。地域経済の主役である地元企業と、施設づくりのノウハウを持つ大手企業が役割分担しつつ連携するスキームとすることで、長期にわたって住民が使い続けられる施設づくりを狙う。・・・(続きは日経BP新・公民連携で)