【不動産】千代田区に見るシェアサイクルの現在―公共交通としての普及・定着を探る(2015-03-30:日経BP新・公民連携最前線PPPまちづくり)

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京都がシェアサイクルの普及支援に乗り出した。国土交通省もコンパクトシティ施策と連携した交通ネットワークとして、2020年度までに100自治体での導入を目標に掲げる。2017年3月末まで約2年半、自治体全域をフィールドにNTTドコモと共同で実証実験を展開する千代田区に焦点を当て、シェアサイクルの現状と課題をリポートする。・・・(続きは日経BP新・公民連携