【住宅】セレブを狙い撃つマンション規約改定の衝撃―紛糾した「コミュニティ活動条項削除」の意味(2015-04-09:東洋経済オンライン)

 3年以上も紛糾していた「マンション標準管理規約」の改定が今年6月にも実施される見通しとなった。マンション管理組合やマンション管理業界からの反対を押し切って国土交通省の検討会は3月末に報告書をまとめ、近くパブリックコメントを実施する。

 マンション標準管理規約は、分譲マンションなどの区分所有建物を管理組合で管理・利用するために定めた規約のガイドライン。建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)では、同法に基づいてマンションごとに規約を定められるとしており、・・・(続きは東洋経済オンラインで)