【住宅】高級へと走る住宅メーカー―坪単価100万円超で富裕層取り込み(2015-04-22:SankeiBiz)

 新設住宅着工戸数が12カ月連続で前年割れが続く住宅市場で、富裕層の需要が堅調なことから高級ブランド商品を立ち上げる動きが相次いでいる。昨年秋から住友林業、大成建設ハウジング、スウェーデンハウスなどが高額の新商品を投入したほか、2009年4月に550万円のローコスト住宅(1坪=3.3平方メートル当たりの単価約30万円)を発売して話題になったアキュラホームでも今月から高級住宅市場に参入した。…(続きはSankeiBizで)