【住宅】東京財団が建築基準法改正を提言―住宅市場に質の競争を促す(2009-03-03)

 東京財団は、2月に公表した政策提言「住宅市場に”質の競争を”〜建築基準法の本質的欠陥と改正提言〜」をまとめた岩井克人主任研究員(東京大学教授・理論経済学=写真中央)らが出席して記者懇談会を3月2日に開催した。岩井氏は今回の提言をまとめた背景について「市場を正しく機能させるには、より良い制度づくりが必要」とし、官製不況を引き起こした07年6月の改正建築基準法のあり方を見直す必要性を強調した。

――続きは、日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が新たに開設したニュースサイト「REJAニュース」でお読みください。