【住宅】太陽光発電の買取制度が11月からスタート―現行制度のままでCO2削減25%に対応できるのか?(上)(2009-10-28)

 太陽光発電の固定価格買取制度が11月1日からスタートする。経済産業省はホームページなどで「“今こそ”太陽光発電」と積極的なPR作戦を展開するが、もともとは麻生政権時代に2020年のCO2排出量削減目標8%(90年比)の段階で決められた制度である。民主党はマニフェストに買取制度の大幅見直しを盛り込み、直嶋経済産業大臣も27日に来年3月までに制度見直しを実施するためのプロジェクトチーム設置を表明した。鳩山政権がCO2削減25%削減の目標を打ち出すなか、現行制度がスタートする前に、その狙いや消費者のメリットなどを改めて検証しておく必要があるだろう。

――続きは日本不動産ジャーナリスト会議のニュースサイト「REJAニュース」でお読みください。