【住宅】マンションに太陽光発電が普及しない理由―固定価格買取制度と電力完全自由化の議論を!(下)(2008-12-02)

 2007年に日本では先送りが決まった電力完全自由化問題―。欧米ではエネルギー効率を高め、CO2(二酸化炭素)削減を進める取り組みとして電力自由化を進める国が増えている。日本でも家庭部門のCO2発生量は90年度(基準年)比約30%増と対策が遅れている。電力の安定供給も重要だが、家庭部門の省エネと再生可能エネルギーの利用促進の観点から電力自由化を考えるべきではあるまいか。

 ――続きは、日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が新たに開設したニュースサイト「REJAニュース」でお読みください。