【建設】建設生産システムの新たな視点−新JIS対応への動き(下)(2006-10-04)

 日本工業規格(JIS)制度が国際標準に基づいて昨年10月に改定され、3年間の経過措置期間を設けて新たに導入された新JIS制度に移行することになった。JISマークの対象製品に関する制限が廃止され、認証方法も従来の工場認証から製品認証へと転換した。はたして建設分野にはどのような影響があるのか、新しいJIS制度を活用して、透明性の高い建設生産システムを構築しようという動きが出てきた。

 ―続きは日経BP社KEN-Platzで連載中の千葉利宏の建設トレンドウォッチでお読みください。